プレママクラブについて|子育て支援 保育園 学童保育所 NPO法人 プレママクラブ

プレママクラブについて

Webからのお問い合わせ

 

プレママクラブについて|子育て支援プレママクラブ1

海外研修・語学研修・国際交流 - 2016カナダ研修 -

2016カナダ保育研修

概要

目的 カナダの保育施設でボランティアとして保育を経験し、また英語での保育を学び、帰国後、研修で得た情報や経験をプレママクラブでの保育現場で活かす。
日程 平成28年6月4日~6月13日
参加者 2名
研修内容 デイケアでのボランティア(Three Bears Centre)
ワークショップ、英会話レッスン、現地の保育士との交流会、観光

研修報告

デイケアでのボランティア

今回はフリープレイを基本とした、2歳半~5歳までの子ども24名定員のThree Bears Centreというディケアで実習させていただきました。

Three Bears Centreでは、月や週ごとにテーマが決められており、5週間でサークルタイムは8回、工作は20回するようにカリキュラムが組まれているとのことでした。開園時間の7時~サークルタイムまでは室内でのフリープレイ、その後工作をして、戸外遊びや散歩をし、12時~12時半を目安に給食という流れでした。

初日の研修レポートより
  • 縦割りでフリープレイの環境でも、ほとんど物の取り合いや争い事が無く遊べている。玩具の数が充実しているからか、それとも遊ぶ時間がたくさんあるからなのか、要因がわからないので、研修期間中、子どもの様子や職員の動きに目を配り学びたい。
  • サークルタイムでも先生の話をしっかりと聞けている。1人1枚小さなマットの上に座るようになっているため、歌や絵本の時間に場所を離れても、自分の場所に戻りやすい工夫がなされていた。
  • 職員が子どものことを“My Friends”と呼ぶということが新鮮。SAKAIでも検討したい。
  • 子どもたちが落ち着いており、職員が声を張り上げることなく子どもが日々のルーティーンをこなしている印象。子どもに見通しを持たせる工夫があるのか、今後の実習で気を付けてみていきたい。
  • 子どもたちが“Teacher”と頼ってくれることが嬉しい。5日間しかないが、子どもたちとたくさん遊んで触れ合いたい。
ワークショップ

ワークショップは、プレママクラブの理念とあった、丁寧で前向きな保育を推奨している、講師の先生の話を聞くことが出来、共感することが多かったです。 乳児保育の心得や絵本の読み方について学ぶことができ、大変為になりました。 質疑応答で先生の働くディケアの様子やお勧めの絵本などを聞くことができて本当に良かったです。

英会話レッスン

午後の時間は英語が母国語でない人の為の語学学校、Eh Plusに行かせてもらいました。初級から上級までそれぞれ自分のレベルにあったクラスに入り、 最大4名の少人数の会話クラスや、最大8名の発音やリスニングに特化したクラスを受講しました。短い時間ではあったが、 英語に関して自分自身の良いところやこれから伸ばすべきところがわかり、有意義な時間となりました。

具体的な例では、会話クラスでは、“Expensive”という単語は、家や車など本当に高価なものにしか使わないことや、 “Cheap”という単語は“安かろう悪かろう”というネガティブな印象になるということを学び、日本の学校で習った意味と異なることを知り、 驚きました。Expensiveの代わりに“Pricy”、Cheapの代わりに“Affordable/Reasonable”という単語を使うということを知り、 さっそく実践で使いたいと感じました。

研修を終えての感想

 今回、Canadaの保育施設で実習させていただくことが出来、改めて自分の保育を見直す良い機会になりました。日本の保育と大切にしていることに違いはあっても、 保育環境やサークルタイムのやり方など、自園でも取り入れたいことがたくさん学べたので、自分たちだけに留めず、他の職員にも伝えたり、率先して保育に取り入れたりして、 楽しい保育をしていきたいと思います。
 語学研修は、本当に為になりました。SAKAI保育園ではNativeの先生と接する機会が少なく、なかなか自分の発音や文法を振り返る機会が少ないため、 今回基礎から勉強し直す機会をいただき、本当にありがたかったです。この研修をきっかけに、今後は自分で英語力を磨く努力をしていかなければと改めて感じました。
 Canada研修に行かせていただくことが決まった後に、「いいなぁ。でも、英語が話せないから私は行けないわ。」という声をたくさん聞きました。今回研修に行かせていただいたことで、 英語力が初級の方でも実習できるディケアがあることや、語学学校も初級向けのレッスンがあることがわかったので、英語部門以外の職員にもCanada研修をお勧めしたいと思います。 プレママクラブが英語保育を目指していくうえで、バイリンガル保育士の養成が大切になってくるので、 こういった機会を通して、是非英語に興味を持つきっかけにして欲しいと思いました。

【彦坂 麻美】

 

 Day Careでは、現地の子どもたちとフリープレイやサークルタイムを通じて、会話やふれあい遊びを楽しみました。「子どもたちの笑顔」は世界共通!素晴らしいパワーをもらいました。 サークルタイムで学んだことを活かし、自園でも子どもたちと楽しみたいと思います。
 語学研修では、発音方法やリスニングなど、自分のこれからの課題を見出すことが出来ました。それと共に改めて、「英語って楽しい!」と感じました。 自園の子どもたちにもそう思ってもらえるよう、英語教育をさらに充実させていきたいと思いました。
 休日にはStanley Parkでジョギングをし、Canadaの空気を身体いっぱいで感じることができ、とても充実した日々を過ごすことが出来ました。

【竹内 笑子】

プレママクラブ

  • 〒475-0025
    愛知県半田市亀崎大洞町5-9-2
  • TEL:0569-29-0810

大きな地図で見る
  • ご意見、ご要望、苦情に対する対応
  • スタッフ募集